研究テーマ

業績

 

令和2年度

 
学術
〔令和2年(2020年)1月1日〜12月31日〕
(総説)
各科臨床のトピックス 白内障手術と認知症(解説)
緒方奈保子
日本医師会雑誌 第148巻・第10号 1994頁-1995頁(2020年1月)

眼科医の手引き「白内障と認知機能・全身への影響」
緒方奈保子
「日本の眼科」2020年12号 52頁-53頁(2020年12月)

(原著) 
英文
Incidence of endophthalmitis after intravitreal injection of an anti-VEGF agent with or without topical antibiotics.
Morioka M, Takamura Y, Nagai K, Yoshida S, Mori J, Takeuchi M, Sawada T, Sone K, Fukuyama H, Kusuhara S, Yasukawa T, Murakami T, Tabuchi H, Nagasato D, Hirano T, Ueda T, Jujo T, Sasajima H, Mitamura Y, Ishikawa K, Inatani M.
Sci Rep. 2020 Dec 17;10(1):22122. doi: 10.1038/s41598-020-79377-w.

Real-world management of treatment-naïve diabetic macular oedema: 2-year visual outcome focusing on the starting year of intervention from STREAT-DMO study.
Shimura M, Kitano S, Muramatsu D, Fukushima H, Takamura Y, Matsumoto M, Kokado M, Kogo J, Sasaki M, Morizane Y, Utsumi T, Koto T, Sonoda S, Hirano T, Ishikawa H, Mitamura Y, Okamoto F, Kinoshita T, Kimura K, Sugimoto M, Yamashiro K, Suzuki Y, Hikichi T, Washio N, Sato T, Ohkoshi K, Tsujinaka H, Kusuhara S, Kondo M, Takagi H, Murata T, Sakamoto T; Japan Clinical Retina Study (J-CREST) group.
Br J Ophthalmol. 2020 Dec;104(12):1755-1761.
doi: 10.1136/bjophthalmol-2019-315726. Epub 2020 Mar 13.

Visual outcomes and mechanism of open globe injuries with no light perception.
Morikawa S, Okamoto F, Okamoto Y, Mitamura Y, Ishikawa H, Harimoto K, Ueda T, Sakamoto T, Sugitani K, Sawada O, Mori J, Takamura Y, Oshika T.
Ophthalmol Retina. 2020 Oct 17:S2468-6530(20)30414-0. doi: 10.1016/j.oret.2020.10.009. Online ahead of print.


Real-world management of treatment-naïve diabetic macular oedema in Japan: two-year visual outcomes with and without anti-VEGF therapy in the STREAT-DME study.
Shimura M, Kitano S, Muramatsu D, Fukushima H, Takamura Y, Matsumoto M, Kokado M, Kogo J, Sasaki M, Morizane Y, Kotake O, Koto T, Sonoda S, Hirano T, Ishikawa H, Mitamura Y, Okamoto F, Kinoshita T, Kimura K, Sugimoto M, Yamashiro K, Suzuki Y, Hikichi T, Washio N, Sato T, Ohkoshi K, Tsujinaka H, Kusuhara S, Kondo M, Takagi H, Murata T, Sakamoto T; Japan Clinical Retina Study (J-CREST) group.
Br J Ophthalmol. 2020 Sep;104(9):1209-1215.
doi: 10.1136/bjophthalmol-2019-315199. Epub 2019 Nov 29.

Safety and efficacy of brilliant blue g250 (BBG) for lens capsular staining: a phase III physician-initiated multicenter clinical trial.
Hisatomi T, Enaida H, Yoshida S, Hirakata A, Ohji M, Nishida K, Kubota T, Ogata N, Matsui T, Kimura K, Sonoda KH, Uchiyama M, Kishimoto J, Todaka K, Nakanishi Y, Ishibashi T.
Jpn J Ophthalmol. 2020 Sep;64(5):455-461. doi: 10.1007/s10384-020-00763-y. Epub 2020 Aug 18.

Case of primary intraocular lymphoproliferative disorder caused by Epstein-Barr Virus.
Ban Y, Okamoto M, Ogata N.
BMC Ophthalmol. 2020 Jul 28;20(1):306. doi: 10.1186/s12886-020-01583-x

Prognostic factors of revitrectomy for complications in eyes with proliferative diabetic retinopathy: a retrospective multicentre study.
Takayama K, Someya H, Yokoyama H, Kimura T, Takamura Y, Morioka M, Sameshima S, Ueda T, Ogata N, Kitano S, Tashiro M, Sugimoto M, Kondo M, Sakamoto T, Takeuchi M.
Acta Ophthalmol. 2020 Jun;98(4):e434-e439. doi: 10.1111/aos.14292. Epub 2019 Nov 1.

Clinical implications of pachyvessels in polypoidal choroidal vasculopathy.
Ijuin N, Tsujinaka H, Hirai H, Jimura H, Nakao S, Yamashita M, Nishi T, Ueda T, Ogata N.
BMC Ophthalmol. 2020 Apr 29;20(1):170. doi: 10.1186/s12886-020-01443-8.

Decreased melatonin secretion in patients with glaucoma: quantitative association with glaucoma severity in the LIGHT study.
Yoshikawa T, Obayashi K, Miyata K, Saeki K, Ogata N.
J Pineal Res. 2020 Apr 25:e12662. doi: 10.1111/jpi.12662. [Epub ahead of print]

Effect of optical correction on choroidal structure in children with anisohypermetropic amblyopia.
Nishi T, Ueda T, Mizusawa Y, Semba K, Shinomiya K, Mitamura Y, Sonoda S, Uchino E, Sakamoto T, Ogata N.
PLoS One. 2020 Apr 23;15(4):e0231903. doi: 10.1371/journal.pone.0231903. eCollection 2020.

Effects of Cataract Surgery on Melatonin Secretion in Adults 60 Years and Older: A Randomized Clinical Trial.
Nishi T, Saeki K, Miyata K, Yoshikawa T, Ueda T, Kurumatani N, Obayashi K, Ogata N.
JAMA Ophthalmol. 2020 Mar 5. doi: 10.1001/jamaophthalmol.2020.0206.

Clinical characteristics and visual outcomes of work-related open globe injuries in Japanese patients.
Morikawa S, Okamoto F, Okamoto Y, Mitamura Y, Ishikawa H, Harimoto K, Ueda T, Sakamoto T, Sugitani K, Sawada O, Mori J, Takamura Y, Oshika T; Japan-Clinical Research of Study (J-CREST) group.
Sci Rep. 2020 Jan 27;10(1):1208. doi: 10.1038/s41598-020-57568-9.

Sustained treatment of retinal vascular diseases with self-aggregating sunitinib microparticles.
Tsujinaka H, Fu J, Shen J, Yu Y, Hafiz Z, Kays J, McKenzie D, Cardona D, Culp D, Peterson W, Gilger BC, Crean CS, Zhang JZ, Kanan Y, Yu W, Cleland JL, Yang M, Hanes J, Campochiaro PA.
Nat Commun. 2020 Feb 4;11(1):694. doi: 10.1038/s41467-020-14340-x.

Sustained delivery of acriflavine from the suprachoroidal space provides long term suppression of choroidal neovascularization.
Hackett SF, Fu J, Kim YC, Tsujinaka H, Shen J, Lima E Silva R, Khan M, Hafiz Z, Wang T, Shin M, Anders NM, He P, Ensign LM, Hanes J, Campochiaro PA.
Biomaterials. 2020 Jun;243:119935. doi: 10.1016/j.biomaterials.2020.119935.Epub 2020 Mar 4.

和文
Pachyvesselの有無によるポリープ状脈絡膜血管症症例の1年経過の相違
藤原克彦・辻中大生・平井宏昌・治村寛信・山下真理子・緒方奈保子
眼科臨床紀要 13巻11号Page726-729(2020.11)

早期にシクロスポリン導入を行った思春期発症Vogt-小柳-原田病の1例
藤原克彦、西智、伊藤陽子、石川智朗、嶋緑倫、緒方奈保子
眼科臨床紀要 13巻6号 Page433-434(2020.06)

(その他)
質疑応答Pro⇔Proプロからプロへ
白内障が高齢者の認知機能に及ぼす影響について 
白内障があると、認知機能低下のリスクが高くなる(Q&A)
緒方奈保子
日本医事新報 No.5025 52-53 2020年8月15日

女性医師が贈る 診療FRONTLINE〜全身疾患と眼〜
2.認知症と関連する眼疾患
緒方奈保子
Medical View Point 第1号 2020年1月10日

〈b〉学会〈/b〉
<国内学会>
第124回日本眼科学会総会(2020年4月27日〜5月18日WEB開催)
シンポジウム4「感覚器研究の未来」
『視覚と認知機能、全身への影響』
緒方奈保子

一般講演「未熟児網膜症・その他」
『未熟児網膜症既往症例の幼児期後期視機能と眼球構造の多施設研究(J-CREST study)』
西智、四宮加容、三田村佳典、木村直樹、五味文、三木朋子、中村誠、木下貴正、小幡峻平、大路正人、辻拓也、吉田茂生、緒方奈保子

学術展示「網膜基礎研究1」
『AmyloidβはRage(最終糖化産物受容体)を介し網膜色素上皮のWntシグナルを制御する』
辻中大生、西山武孝、平井宏昌、上田哲生、緒方奈保子

学術展示「網膜循環」
『網膜静脈閉塞症治療前後の血漿 Von Willebrand 因子の変動』
平井宏昌、山下真理子、上田哲生、緒方奈保子、松本雅則

第59回日本白内障学会総会・第46回水晶体研究会(2020年5月29日〜6月11日WEB開催)
受賞記念講演
『白内障が健康へ及ぼす影響:生体リズムに着目した疫学研究』
吉川匡宣

第76回日本弱視斜視学会総会・第45回日本小児眼科学会総会 合同学会
(2020年7月3日〜16日WEB開催)
学術展示「斜視治療」
『脳幹出血後の外転神経麻痺に対して西田法を施行した症例』
慶田真喜子、西智、佐々木智賀子、緒方奈保子

第31回日本緑内障学会
(LIVE配信:2020年10月2日〜4日、オンデマンド配信:11月5日〜18日)
シンポジウム9「眼外の因子から緑内障を考える」
『Influence of glaucoma on circadian biological rhythm緑内障がもたらす生体リズムへの影響』
吉川匡宣
第58回日本神経眼科学会総会(2020年11月6日〜14日WEB開催)
一般演題1「視神経」
『両鼻側神経低形成を10年間観察できた症例』
寺田拓真、治村寛信、西智、緒方奈保子

第74回日本臨床眼科学会(2020年11月5日〜25日WEB開催)
一般講演47「糖尿病網膜症1」
『増殖糖尿網膜症の長期予後と術後血管新生緑内障の予測因子:多施設合同研究』
高山圭、染谷秀彬、盛岡正和、高村佳弘、寺崎寛人、坂本泰二、上田哲生、緒方奈保子、田代真紀、北野滋彦、竹内大

一般講演18「腫瘍1」
『初診から14年後に急激増大をきたした結膜悪性黒色腫の1例』
三島佑規、治村寛信、外園千恵、渡辺彰英、浅井純、大林千穂、渡邉千尋、緒方奈保子

学術展示11「神経眼科」
『猫ひっかき病による視神経網膜炎を呈した小児の1例』
和田大史、西智、後岡克典、伴裕美子、緒方奈保子

学術展示20「オキュラーサーフェス・角膜手術」
『術中光干渉断層計(OCT)併用で傍中心部角膜穿孔に層状角膜移植術を施行した一例』
西山武孝、辻中大生、慶田真喜子、丸岡真治、緒方奈保子

第59回日本網膜硝子体学会総会(2020年11月27日〜29日ハイブリッド開催)
優秀演題シンポジウム2
『Visual prognosis of submacular hemorrhage secondary to age-related macular degeneration: a retrospective multicenter survey.』
Aki Kato, Takashi Araki, Takeshi Kimura, Takamasa Kinoshita, Fumiki Okamoto, Yoshinori Mitamura, Taiji Sakamoto, Akiko Miki, Yoshihiro Takamura, Hisashi Matusbara, Hiroki Tsujinaka, Yuichiro Ogura, Tsutomu Yasukawa

一般演題(口演)7「他施設研究1、その他」
『網膜中心静脈閉塞の初診時視力に影響を及ぼす因子―多施設後ろ向き研究―』
近藤峰生、野間英孝、西信良嗣、石川裕人、岩田健作、楠原仙太郎、平井宏昌、平野隆雄、坪井孝太郎、平野佳男、木下貴正、高山圭、坂本泰二

一般演題(口演)8「他施設研究2、その他」
『未熟児網膜症に対するベバシズマブ併用治療の効果に関する多施設研究(J-CREST study)』
西智、四宮加容、三田村佳典、木村直樹、五味文、三木明子、中村誠、木下貴正、小幡峻平、大路正人、辻拓也、吉田茂生、緒方奈保子
学術展示「糖尿病網膜症」
『増殖糖尿病網膜症の合併症に対する25ゲージ硝子体術後の長期視力に関連する因子の検討』
高山圭、染谷秀彬、高村佳弘、盛岡正和、寺崎寛人、坂本泰二、上田哲生、緒方奈保子、北野滋彦、田代真紀、竹内大

学術展示「その他」
『黄斑下出血の病態と治療選択についての多施設現状調査』
木村剛、荒木敬士、安川力、桑山創一郎、木下貴正、岡本史樹、三田村佳典、坂本泰二、三木明子、高村佳弘、松原央、辻中大生、五味文

学術展示「その他」
『初診から7年後に増大をきたした脈絡膜悪性黒色腫の1例』
寺田拓真、治村寛信、盛秀嗣、煖エ寛二、緒方奈保子

<地方会>
第81回埼玉眼科講習会(2020年1月31日 さいたま市・埼玉県)
『眼と生体リズム』
緒方奈保子

松山市眼科医会定例会特別講演(2020年2月18日 松山市・愛媛県)
『眼と生体リズム』
緒方奈保子

第12回福島眼科セミナー(2020年9月26日 郡山市・福島県)
『眼と生体リズム』
緒方奈保子

Retina Clinical Meeting in 筑後2020(2020年10月23日 WEB開催)
『眼と生体リズム』
緒方奈保子

<研究会>
第3回眼科フレッシュ★All Stars☆の会(2020年12月9日 WEB開催)
『小児眼科診療とOCT』
西智


<研究資金>
文部科学省 基盤研究(C)【継続】
眼の加齢性変化と全身因子、生活環境、QOL
研究期間:2018-04-01 – 2021-03-31
2020年度: 1,170千円 (直接経費: 900千円、間接経費: 270千円)
研究代表者:緒方奈保子

文部科学省 基盤研究(C)【継続】
緑内障が生体リズムへ与える影響の検討
研究期間:2019-04-01 – 2022-03-31
2020年度: 1,560千円 (直接経費: 1,200千円、間接経費: 360千円)
研究代表者:吉川匡宣

文部科学省 基盤研究(B)【継続】
光曝露が糖尿病・心血管疾患・がん・認知症の発症および予後に及ぼす中長期影響
研究期間2019-04-01 – 2022-03-31
2020年度: 2,210千円 (直接経費: 1,700千円、間接経費: 510千円)
研究分担者:吉川匡宣

文部科学省 若手研究【新規】
網膜色素上皮の色素産生能が加齢黄斑変性発症に与える役割
研究期間:2020-04-01 - 2023-03-31
2020年度: 1,300千円 (直接経費: 1,000千円、間接経費: 300千円)
研究代表者:辻中大生

<メディア掲載>
医療ニュース Medical Tribune
『生体リズムの乱れに白内障が関与』
2020年6月22日
吉川匡宣

奈良県立医科大学広報誌「学報」Vol.73 令和2年8月号
『令和2年度日本白内障学会学術賞を受賞しました』
吉川匡宣

100歳時代プロジェクト「目の健康保ち 認知症を予防」一部
2020年3月23日 産経新聞
緒方奈保子
<受賞>
国際ソロプチミスト奈良―あすか女性研究者賞
『小児の弱視眼の網膜、脈絡膜の構造』
西智

日本白内障学会学術賞
『生体リズム障害に着目した白内障が健康へもたらす影響の検討』
吉川匡宣
 
研究テーマ
  • 新人入局員募集
  • お問い合わせ